思い出に残る自分たちだけの結婚式

新郎新婦の輝かしい門出に対する祝福と、災いから二人を守るための魔除けの意味を込めて、参列客が花びらを撒くというのがフラワーシャワーの起源だといいます。 花びらだけにとどまらず、アレンジを加えるとしたらどのようなものを用いることが多いのか見ていきましょう。

進化したフラワーシャワー

かつての日本の結婚式といえば、神殿で神前式を挙げてから結婚披露宴を執り行うというのが一般的でした。
しかし時代の流れと共に、自分たちらしい結婚式というものを意識する新郎新婦が増え、今では色々な趣向を凝らしたオリジナルウエディングが一般的になっていると言えそうです。

印象深く記憶に残るような結婚式にする為には、どのような演出をしていくことが望ましいのでしょうか。
今は新郎新婦の希望に沿った挙式を一緒に作り上げてくれる結婚式場が多くなっていますので、無理を承知で一度お願いしてみるといいかもしれません。

結婚式は伝統的なものだからと従来の様式を希望する方もいるかもしれませんが、そうして伝統を守る中にも現代のアイディアを取り入れることによって斬新な結婚式にすることができるかもしれないのです。

ここで紹介するようなアイテムを上手に活用しながら、参列客も盛り上がれるような自分たちだけの結婚式を作り上げてみてはいかがでしょうか。

今まではお披露目という要素が強かった結婚式ですが、今ではみんなで盛り上がるパーティー的な要素が大きくなってきたような気がします。
結婚式の様式も、海外の慣習が入ってくることで随分と変化してきました。
そうして選択肢が増えた分、自分たちらしい結婚式とはどのようなものなのかを新郎新婦でしっかりと話し合っていく必要が出てきたのだと思います。

その作業によって結婚に対する意識が高まっていくことも考えられますから、もはや現代における「初めての共同作業」はケーキ入刀ではないのかもしれませんね。

おすすめリンク

マリッジリングを手作りで

今はやりの手作りのマリッジリング。デザイン集を参考に世界で一つだけのマリッジリングを作りませんか?

海外ウェディングはハワイで決まり

ハネムーン込みの結婚式だから豪華にハワイで!海外ウェディングのススメや過去の事例を公開中

京都で見つける結婚相談所

素敵なパートナーを京都で見つけませんか?結婚相談所はお人柄を尊重しプロポーズまでお手伝いします。

ゲストを巻き込んだ演出で盛り上げる

今では、結婚披露宴に参加するゲストたちもただのお客さんではないという考え方もあるようです。 普通なら披露宴の席次表を見て着席していってもらうことになると思いますが、海外の慣習を取り入れて決められたテーブルに好きなように座ってもらうというラフな感じが人気を集めているようです。

フォトプロップスで楽しもう!

結婚式という場では年齢差のある親族であったり見ず知らずの知人が一堂に会することになるので、普通なら写真撮影は気の知れた仲間内ですることが多くなると思います。 そこに会話の糸口を提供してくれるようなアイテムがあれば、思わず口元が緩んで皆で盛り上がれるかもしれません。

上へ